ICPD Tester
トップページ
医療安全
IPCD Tester
私たち
お問い合わせ
フットポンプの検査・メンテナンス(保守/点検)
------
メリット
3つの検査
特長
開発意図
仕様
--
フットポンプの3つの検査
フットポンプの空圧検査

空圧検査

SCDコントローラーから出力される空気圧力が規定の空気圧力で出力されているのかを確認いたします。
空圧検査にはイージーモードとノーマルモードの2種類が用意されています。

--

イージーモード

AポートとBポートを交互に、5サイクル動作させ空気圧力を検査します。
日常点検での使用を想定し、短時間で検査をおこなうことができます。

検査時間:Easy mode 約

--
--

ノーマルモード

AポートとBポートを交互に、15サイクル動作させ空気圧力を検査します。
イージーモードで「FAIL」が表示された場合や、より精度の高い検査を行う場合に使用します。

検査時間:Normal mode 約 15

--

エラー検査

IPCDテスターでエラーを疑似発生させ、SCDコントローラーがエラーを警報するかを検査します。

フットポンプのエラー検査

エラーモード

SCDで発するE1~E4のエラーを各ポート、各パーツごとに検査することができます。

検査時間:約5~15 分(エラー種類による)

--
フットポンプチューブのリーク検査

リーク検査

チューブの破れやコネクタ部の破損による空気漏れを検査します。

--

リークモード

チューブに空気を送り込み、5 秒間一定の空気圧力を維持できるかを検査します。

検査時間:約 10

--
------

株式会社タカシン
〒036-0111 青森県平川市小和森中松岡132-1 TEL: (0172) 44-1230 FAX: (0172) 44-1232

サイトマップ
2016 Copyright © Takashin,Co.,Ltd.